鈴木慶一

鈴木慶一 KEIICHI SUZUKI

1951年 東京生まれ
1970年頃より音楽活動を開始し、あがた森魚、はっぴえんど等のサポート、また数多くの録音セッションを経験する。1972年に、”はちみつぱい”を結成。日本語によるロックの先駆的な活動を展開し、名盤『センチメンタル通り』をリリース。その後、はちみつぱいを母体にムーンライダーズを結成。
1976年にアルバム『火の玉ボーイ』でデビュー。バンド活動の傍ら膨大なCM音楽、アイドルから演歌まで幅広いプロデュース、ゲーム音楽などに関わり、人々に大きな影響を与えている。映画音楽では北野武監督の『座頭市』で日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞。今敏監督の『東京ゴッドファーザーズ』でシッチェス国際映画祭最優秀音楽賞を受賞した。
2015年に音楽家生活45周年を迎え、東京メルパルクホールで記念ライヴ(チケットはソールドアウト)を行なった。俳優としての顔も持つ。