サラ・オレイン

Sarah Alainn

5/5(土)小ホール公演「ケルティック・ゲームミュージックライブ」…ゲスト奏者
5/5(土)大ホール公演「室内楽で聴く近年話題のゲーム音楽」…ゲスト奏者

オーストラリア出身。ヴォーカリスト、ヴァイオリニストにして、4ヶ国語を操るマルチリンガル。シドニー音楽院付属を経てシドニー大学音楽・言語学の最高点で卒業、東京大学に留学。

2012年メジャーデビュー。3オクターブを超えるその歌声には「f分の1ゆらぎ」と呼ばれる癒しの効果があると科学的に証明されている。障がい者のための施設「太陽の家」50周年記念式典にて天皇皇后両陛下の御前で国家歌唱。グラミー賞16度の名音楽プロデューサー、デイヴィッド・フォスターのディズニー記念アルバムに参加。世界一のテナーと言われるアンドレア・ボチェッリと共演。歴史ある28回京都泉涌寺音舞台に続き、30回金閣寺音舞台で歌唱。

コピーライターとして三菱商事、JAL、Protea等を手掛けるほか、映画、テレビ番組、CMのテーマ曲の作曲、作詞、歌唱に数多く携わる。NHK英語番組レギュラー、FMラジオ番組パーソナリティ、報道ステーションゲストコメンテーター,東京藝術大学の特別講師など多彩に活躍。TEDxU Tokyoに出演「意味のある無音」を発表。2017年冬、世界20数カ国で公開されたムーミン映画の主題歌を英語版、日本語版両方を歌唱。

10月に5thアルバム「Cinema Music」をリリース。2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』劇中歌とエンディングテーマを歌唱。4月からNHKワールドにて世界160の国や地域で配信の『KABUKI KOOL』ナビゲーターを担当し、世界に歌舞伎の魅力を伝えていく。オーストラリア政府主催の「オーストラリアnow」親善大使に就任。